交通まちづくりみんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクト
文字を大きくする文字を元に戻す

交通まちづくりブログ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のブログ記事

2017年03月24日 10:00

なごや環境大学 公共交通をテーマとする共育講座の開催について

  平成29年度、なごや環境大学の共育講座として「環境カウンセラーと行く『人の移動~公共交通の変遷と未来~』」が開催されます。5月から9月にかけて全6回の講座が予定されており、このうち第1回 510日(水)の講座の中で、当課から名古屋の公共交通についてご説明する予定です。第2回以降の講座では、公共交通に関する施設見学も予定されていますので、興味のある方はなごや環境大学のHPをご確認のうえ、ご参加ください。

 

■第1回

 

・日時

平成29510日(水)10:0016:30

 

・場所

ウィルあいち(名古屋市中区)

 

申し込み方法等の詳細はこちら

2016年04月22日 13:00

リニモ沿線魅力発信キャンペーンのお知らせ

平成28年度末から藤が丘(名古屋市名東区)~八草(豊田市)間を結ぶ、リニモ(日本で唯一の常電導吸引型磁気浮上式リニアモーターカー)で「manaca」をはじめ相互サービスを提供する全国の交通系ICカードが利用できるようになりました。

これを受け、愛知県では、リニモと沿線の魅力を発信するイベントを開催します。

ぜひおでかけください。

 

■日時 

平成28429日(金・祝)午前11時から午後4時まで(予定)

 

■場所 

イオンモール名古屋みなと(名古屋市港区品川町2-1-6)

 

■主な内容 

リニモたんによるリニモPR、リニモ沿線市の魅力発信、

介助犬によるデモンストレーション 等

 

■問合先 

愛知県振興部交通対策課(東部丘陵線連絡協議会事務局)

電話052-954-6127

 

詳細はこちら

 

図.jpg

2016年03月09日 09:00

★カーシェアリングのススメ

カーシェアリングってご存じですか?

カーシェアリングとは、あらかじめ登録した会員の間で自動車を共同利用することです。

運営組織により異なりますが、利用した分に応じて料金を支払うことから、利用の頻度によっては、自動車を所有する場合に比べて、かなりお得になります。

近年急速に利用環境が整っている(※)カーシェアリングは、共同利用ならではの「他の方と利用が重なり利用できないこともなる」などのデメリットもありますが、賢く利用できたらいいですね。

まずは、近くにあるカーシェアリングのステーションを探してみてはどうでしょうか。

  

kyouyuu.gif 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

クルマは最少台数に。

みんなで共有すればおトク!

 

 

※全国的にも名古屋市内でもカーシェアリングの車の台数については2倍を超える台数となっており、大幅に増加しています。

2016年02月22日 09:00

名市大キャンパスを飛び出そう!パンフレット

名市大キャンパスを飛び出そう!パンフレットはこちらからダウンロード出来ます。

名市大キャンパスを飛び出そう!パンフレット_ページ_1.jpg名市大キャンパスを飛び出そう!パンフレット_ページ_2.jpg

2015年11月27日 09:00

★エコモビリティライフ県民の集い2015に行ってきました!

愛知県及びあいちエコモビリティライフ推進協議会が主催の「エコモビリティライフ県民の集い2015」(11/6開催)に参加しました。

 

 このイベントでは、「エコモビ」(※)推進のための取組や「エコモビ」活動を積極的かつ効果的に行っている団体を表彰したほか、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏により「からだが若返る7つの習慣」について講演がありました。

 

講演では、

・現在要介護認定を受けている人の4分の1(女性は3分の1)、要支援認定を受けている人の3分の1が運動器の障害が原因というデータもある。

・運動をしなくなるから、歳をとると筋肉量が減っていくのであって、運動をしていれば、筋肉量は何歳になっても増える。 

・筋肉量を増やすことが要介護にならない近道ともいえる。

などの話がありました。

 

 世の中が便利になればなるほど、その便利さに頼ってしまう人が多いと思います。それは、将来の自分たちの首を絞めてしまうことでもあるということを頭の片隅に、日常の移動をかしこく使い分け適度に運動する生活を身に付けられたらいいですね。

 

    エコモビとは、環境の「エコ」、移動の「モビリティ」、生活の「ライフ」をつなげた言葉でクルマと電車、バス、自転車、徒歩などをかしこく使い分けるライフスタイル「エコモビリティライフ」のことです。

2015年09月09日 09:00

★エコモビ実践キャンペーン参加事業所募集!(愛知県からのお知らせ)

 愛知県では、クルマと公共交通、自転車、徒歩などをかしこく使い分けるライフスタイルである「エコモビリティ ライフ」(エコモビ)を県民運動として推進しています。
 クルマは便利で快適な乗り物ですが、通勤時間帯などでは、自動車交通が集中し、渋滞や交通事故の原因ともなっています。環境や健康増進のためにも、このキャンペーンをきっかけとして、クルマの使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

エコモビ1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

■実施期間
平成27年11月19日(木)~12月18日(金)(30日間)
<12月2日(12月の第1水曜日)に県内一斉「エコ通勤デー」を実施します>

■募集期間
平成27年6月29日(月)~12月1日(火)

■参加対象
愛知県内に所在する企業、各種団体、官公庁等の事業所とします。
※支所、営業所、出張所単位で登録いただけます。本店・本所による自団体複数事業所の一括登録も可能です。

■取組内容
[選択項目]は各参加事業所の実情に応じて取り組んでください)

1 「エコモビ」情報の周知・実践の働きかけ [必須項目]

2 県内一斉「エコ通勤デー」(H27.12.2)への参加 [選択項目]
  
※業務都合等に応じて、別日程の設定が可能です。

3 エコ通勤の推進 [選択項目]
  
マイカー通勤の抑制、自転車通勤の奨励など

4 環境に配慮した自動車利用の推進 [選択項目]
  
エコドライブの推進、カーシェアリングの活用など

■参加登録方法
 「エコモビ」Webサイト(http://www.pref.aichi.jp/kotsu/ecomobi/)からご登録ください。[「エコモビ実践」で検索]
 ※参加登録いただいた企業等の名称・所在市区町村は県Webページ等へ掲載させていただきます。

■お問合せ先
愛知県振興部交通対策課エコモビリティライフ推進グループ
TEL052-954-6125  FAX052-961-3248 
E-mailkotsu@pref.aichi.lg.jp

バナー1(200×83).jpg 

2015年08月20日 09:00

★みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol4

 「みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol3」でお伝えしたとおり、今年(平成27年)の5月に名古屋市立大学の講義に参加させていただきましたので、vol3の続きについてご報告したいと思います。

2コマ目の525日(月)は、1コマ目の大学生のみなさんの反応をもとに、まず公共交通をめぐる諸議論について教員の方から補足していただいた後、「赤字路線に共通する特徴があるか」等の議題について、グループに分かれて、名古屋の地域性や、高齢化社会を迎えていることを踏まえて公共交通について議論をしてもらいました。

その際には、名古屋市バス・地下鉄の路線図、赤字路線等さまざまなデータを見ながら議論してもらいました。

MM2.jpg

 

 

  

 

 

 

 

議論に参加 した大学生のみなさんからは、「こんなに名古屋に市バスが走っているなんて知らなかった」といった気付きのほか、「難しかったが色々な視点で考えることができた」「公共交通促進の意義は分かったが、自分が行動に移せるかは不安」などといった意見がありました。

 専門課程を学ぶ大学生の皆さんであったため、2コマの講義で公共交通を様々な側面から深く議論していただくことができました。

今後も、みなさんに公共交通のことについてもっと知ってもらい、「かしこい移動手段」を選択していただけるよう様々な取組みをつづけていきたいと思います。

mm_banner2.jpg

2015年08月06日 09:00

★みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol3

 今回は、名古屋市立大学においてリーフレット配布のほかに実施したもうひとつの取組みについて紹介したいと思います。

 名古屋市立大学の専門教育科目のひとつに、社会の実践的課題を専門的かつ多角的に学ぶため、さまざまな分野の方(自治体職員、コミュニティ団体など)を講師に招くといったものがあります。今回は、この講義に参加させていただき、2コマ180分間で大学生のみなさんに社会的インフラである交通について、様々な社会的側面から考えてもらいました。

 大学の授業として意義のあるものとするため、授業メニューを担当教員の方と調整しました。内容としては、1コマ目に名古屋市が推進している「交通まちづくり」について説明を聞き、2コマ目は1コマ目で大学生のみなさんから出た意見等をもとに設定された議題でグループディスカッションを行うというものです。

 1コマ目の518日(月)では、交通政策基本法の制定から連なる「公共交通をめぐる国の動き」、名古屋市における人口減少、高齢化社会また環境問題といった社会問題のほか公共交通基盤や道路交通基盤の整備状況といった「名古屋市の交通の現状」、こういった時代における諸問題に対処し名古屋市の活力を維持向上していくため、将来に向けた交通施策を推進する指針である「なごや新交通戦略推進プラン」やその実行計画である「交通まちづくりプラン」について説明を聞いてもらいました。

  MM1.jpg

 

 

 

 

 

 

 講義を受講した大学生のみなさんからは、「車の利便性が高いので、公共交通促進自体に抵抗を感じる」といったご意見もあったほか、「ハード施策よりもソフト施策が重要」「交通事故削減の観点から、公共交通促進ができるのではないか」など鋭いご意見もありました。

(つづく)

2015年07月09日 10:00

★貸切バスの運賃料金制度の変更について(中部運輸局からのお知らせ)

国土交通省では、貸切バス事業者数の増加に伴い運賃料金の低価格競争の激化により、安全に関するコストの確保等が十分出来なくなり、結果として重大な事故につながる事例が多く発生したことから、昨年4月に貸切バスの新しい運賃制度をスタートしました。

 

新制度では、貸切バス事業者がご利用される方に対して安全で安心な輸送サービスの提供を確実に行うため、安全に関するコストを反映した適正な運賃の収受を徹底させ、これまでの距離制や時間制、行き先別など貸切バス事業者により様々な運賃体系があったものを時間・キロ併用運賃に一本化し、一般にご利用される方にもわかりやすく提供しておりますが、運行内容によっては今までの運賃より高くなる可能性もあります。

 

 詳細につきましては、政府広報としてインターネットテレビ番組で解説しておりますので是非ご覧ください。

 番組URLhttp://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11483.html?t=141&a=1

 

  なお、新制度が1年を経過したことを踏まえ、各貸切バス事業者に対する運賃の収受状況、労務環境の改善・安全投資状況などを調査・検証を行い、結果につきまして広く公表することを検討しております。

 

 新制度につきまして、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 本件に関するご質問・ご相談は下記担当までお問合せください。

 

 お問合せ先:中部運輸局愛知運輸支局 旅客・監査担当

       Tel 052-351-5312

       公益社団法人 愛知県バス協会

       Tel 052-551-5484

2015年06月26日 09:30

★みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol2

 「みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol1」にてお伝えしたとおり、名古屋市立大学の入学生へ「名市大キャンパスを飛び出そう!」パンフレットを配布しました。

  その際にアンケート調査を行ったところ、74%(577/781人中)の入学生が「パンフレットを見て地下鉄やバスをもっと利用しようと思った」と答えてくれました。

 中でも、「便利な定期券の買い方」28%221/781人中)や、「各キャンパスを掲載した路線図」19%148/781人中)など、まだ通学に慣れていない入学生にとってオトクで便利な情報が参考になったとお答えいただきました。

 95%744/781人中)の学生がまだ自動車免許を持っていないとのことでしたので、免許を取得した後も、公共交通を中心とした生活習慣をつづけてもらえればと思います。

 

※ちなみに・・・

 名古屋市営バスでは、最も多い時間帯で約900台のバスが走っており、その走行距離は1日で10km(地球の約2周半分に相当)にも及びます。さらに、停留所は1,434箇所もあります。

 ぜひ活用して、オトクに移動したいですね。

 

 

2015年06月12日 11:14

★みんなでトクする日常の移動を考えるプロジェクトの取組みvol1

 みなさんは、名古屋市営地下鉄の定期券が「一筆書き」(※)で描ける経路で乗換えが3回以内なら、好きな経路を選んで購入できることをご存じでしょうか?

 学生定期券が、自宅・学校の所在地に関係なく好きな区間・経路で購入可能なことをご存じでしょうか?(大学生の例:市バス1ヶ月5,400円、地下鉄[3区の場合] 1ヶ月5,780円)

 このような情報をみなさんに知ってもらい、エコなお出かけをしていただこうと、この度、名古屋市立大学に協力していただき、平成27年度入学生を対象に、名古屋市立大学を中心とした公共交通情報等を掲載した「名市大キャンパスを飛び出そう!」パンフレット(150331記事面.pdf 150331地図面.pdf)を配布しました!

  

 大学の新入生は自動車免許を取得する時期にあたり、免許取得後に自動車を利用する機会が増加しますが、免許取得後も、定期券等を活用するなどして、公共交通を中心とした生活習慣を続けてもらいたいと思います。

※ 経路が交差したり、駅が重複したりする場合は発売できない等、一部制約があります。(詳細はこちら

2015年06月03日 09:22

★エコモビ推進表彰候補団体募集中!(愛知県からのお知らせ)

 愛知県では、あいちエコモビリティライフ推進協議会を中心に、「エコモビ」(※)を推進しています。
 
このたび、協議会では、「エコモビ」推進のための取組や「エコモビ」活動を積極的かつ効果的に行っている団体を表彰する「エコ モビリティ ライフ」推進表彰の候補団体を募集します。
 
なお、選考により受彰に至らなかった団体についても、「県民の集い2015」において、その取組・活動をご紹介いただける機会を設ける予定です。
 
詳細はこちらをご覧ください。

■ 募集期間
  
平成27年6月2日(火)~8月3日(月)

■ 表彰の対象者
  
所在地が愛知県内にある企業、市町村、教育機関、NPO、
  
地域団体等

表彰の対象となる取組・活動
  
6か月以上継続して行っている「エコモビ」の推進に関する
  
具体的な取組または「エコモビ」の実践活動

   (参考)これまでの表彰受彰団体
    H24年度:株式会社デンソー、大口町、武豊町コミュニティバス利用促進友の会
    H25年度:株式会社小野組、内海・山海まちづくり協議会「きずなの会」
    H26年度:NPO法人 市民・自転車フォーラム、とよはし市電を愛する会

■ 提出先・問合せ先
  
あいちエコモビリティライフ推進協議会事務局
       (愛知県振興部交通対策課)
      
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
       
TEL:052-954-6125 FAX:052-961-3248
      
 E-mail:kotsu@pref.aichi.lg.jp

※エコモビリティライフ(エコモビ)とは?
  
環境の「エコ」、移動の「モビリティ」、生活の「ライフ」をつなげた言葉で、クルマと公共交通、自転車、徒歩などをかしこく使い分けて、環境にやさしい交通行動をとるライフスタイルをいいます。「エコモビ」の推進により、地域環境にやさしいだけでなく、安全で健康的な県民生活や、機能的で活力あるまちづくりの実現につながります。

 

2015年01月22日 17:00

★「名古屋と路面公共交通」の参加申し込みを受付中です!

名古屋と路面公共交通 ~「なごや交通まちづくりプラン」策定記念対談~の開催

 自動車が中心の「道路」を、人が主役の安心・安全で賑わいや憩いのある「みち」へと変え、「まち」を変えていく「みちまちづくり」を進めるために、新たな路面公共交通の導入検討を盛り込んだ「なごや交通まちづくりプラン」を策定しました。

それを記念して、一般財団法人地域公共交通総合研究所研究員の服部 重敬氏と、鉄道アーティストの小倉 沙耶氏をお迎えし、名古屋と路面公共交通をテーマとしたスペシャル対談を開催しますので、是非ご参加ください。

 

★対談の詳細についてはこちらをご覧ください。

★参加申し込みはこちらをご覧ください。

 

 日時 : 平成27 年2 月8 日(日)  13:30 ~ 16:00 【開場 13:00】

 会場 : 名古屋都市センター 11 階ホール

       名古屋市中区金山町1 丁目1 番1 号 金山南ビル内

 

 

 

 また1月27日(火)に同じ場所で開催される都心楽会では、横浜国立大学の中村文彦教授より"海外事例に学ぶLRTやBRTを核としたまちづくりの考え方"について話題提供を頂き、名古屋都心の新たな路面公共交通システムについて、議論を深めていきますので、こちらも合わせてご参加ください。

★都心楽会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

2014年09月13日 14:17

★交通エコライフに関する問題の解答を掲載しました。

平成26年9月13日(土)の環境デーなごや2014にて配布いたしました交通エコライフに関する問題の解答を掲載しました。

 

問1.

片道10分かかる駅を徒歩で往復した場合の消費カロリーは、水泳を何分間行った場合と等しいか

 

答え  8分

 

問2.

150万円のクルマを7年間使用し、毎月のガソリン代と駐車場代をそれぞれ10,000円とすると、1日あたり約いくらか

 

答え  1,800円

 

★交通エコライフと健康に関する内容はこちらをご覧ください。
★交通エコライフと費用に関する内容はこちらをご覧ください。

2013年10月31日 16:30

★「中村区区民まつり」にて、ブースを出展しました!

 1026日(土)、中村公園で開催された「中村区区民まつり」にて、ブースを出展しました!当日は台風による影響が心配されましたが、開会時間までには雨も上がり、予定通り開催されました。今回も「西区民おまつり広場」と同様に、意見聴取(賛成/反対ボード)と、「ミッチー・マチルダ」のぬり絵を実施しました。(当日の詳細につきましては、「交通まちづくりホームページ」に掲載しておりますので、こちらをご覧ください。)

 今回も多くの皆さまにご協力頂き、「交通まちづくり」に関するさまざまな意見をお伺いすることができました!ぬり絵作品につきましても、上記の「交通まちづくりホームページ」にてご紹介しておりますので、ご覧ください☆

 当日ブースに来ていただきました皆さま、ありがとうございました。

2013年10月21日 14:00

★「みちまちづくりシンポジウム」を開催しました!

  1020日(日)に、中区役所ホールにて「みちまちづくりシンポジウム」を開催しました。当日はあいにくの雨模様でしたが、およそ110名の方にご来場いただきました!

  第1部では、基調講演に荒俣 宏氏をお迎えして、名古屋の将来の「みち」と「まち」の姿についてお話いただきました。荒俣氏は名古屋開府400年の際に、記念事業実行委員会のゼネラルプロデューサーを務めていただいたこともあり、名古屋の歴史を織り交ぜながらご講演をしていただきました。

  第2部では、パネリストと会場の皆さまと一緒に「みちまちづくり」について考える、トークセッションを実施しました。会場では「YesNo下敷き」を使って意思表示していただいたり、ご来場いただいた皆さまからも貴重なご意見をいただきながら、名古屋の「みちまちづくり」について語り合いました。

  当日ご来場していただきました皆さま、ありがとうございました。シンポジウムの結果につきましては、「交通まちづくりホームページ」に掲載しますので、もう少々お待ち下さい。

2013年10月18日 13:00

★「西区民おまつり広場」にて、ブースを出展しました!

 1013日(日)、庄内緑地公園で開催された「西区民おまつり広場」にて、ブースを出展しました!当日は快晴の中、「環境デーなごや」に引き続き意見聴取(賛成/反対ボード)と、「ミッチー・マチルダ」のぬり絵を実施しました。(当日の詳細につきましては、「交通まちづくりホームページ」に掲載しておりますので、こちらをご覧ください。)

 特に、ぬり絵については、60人を超えるお子さんにご参加いただき、ブースの中に設けたぬり絵用のスペースは常に混雑していました。ぬり絵作品につきましては、近日中には掲載する予定です。

 意見聴取については、都心部の駐車場のあり方に関する質問を中心に、多くの方から貴重なご意見を伺うことができました。

 当日ブースに来ていただきました皆様、ありがとうございました。10月はあと2回ほど区民まつりにてブースを出展する予定ですので、ぜひご来場ください!

2013年09月18日 09:00

★「環境デーなごや」にて、ブースを出展しました!

  914日(土)、久屋大通公園にて開催された「環境デーなごや2013」にて、ブースを出展しました。当日はおおむね晴天の中、「交通まちづくり」に関する意見聴取(賛成/反対ボード)と、お子さんには「ミッチー・マチルダ」のぬり絵をしてもらいました。

  特に、意見聴取では200人を超える方にご回答いただき、大盛況でした!

  ぬり絵作品につきましては、おおむね1週間以内に掲載する予定です。

  当日ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました。10月にもブースを出展する予定なので、お楽しみに☆

 

mm_banner2.jpg

 

        みんなでトクする 日常の移動を考えるプロジェクト

   (モビリティ・マネジメント名古屋市公式サブサイト)

 

2013年05月29日 14:00

未知なる「みち」を求めて

今日は、身近な「みち」を紹介したいと思います。 

 

「みち」にちなんで、地下鉄桜通線「車道(くるまみち)駅」をスタート地点としました。 

DSCF6234.JPG

 

DSCF6259.JPG

車道駅から西へ5分程度歩くと、素敵なコミュニティ道路に遭遇します。

 DSCF6256.JPG

ちなみに「コミュニティ道路」とは、歩行者や自転車が安全かつ快適に通行できるよう、花壇等を車道にせり出して配置することで、クルマのスピード抑制等を図っている道路のことです。

DSCF6257.JPG

DSCF6258.JPG

よく見ると、道路に面した建物も、植栽などで工夫することにより、通行人の目を楽しませてくれます。  

夕方には季節の花を楽しみながら、犬のお散歩をされているご近所の方も多いのではないでしょうか。

 

みなさんも自宅の周りなどで、自分だけの素敵な散歩コースを探してみてはいかがですか? 

 

mm_banner2.jpg

     

 みんなでトクする 日常の移動を考えるプロジェクト

 (モビリティ・マネジメント名古屋市公式サブサイト) 

 

2013年05月08日 13:00

★北区ユースクエア界隈 エコ交通マップを配布しています♪

  北区のユースクエア(青少年交流プラザ)にて、企画委員の方を中心にワークショップを開催し、子供と大人が一緒になって北区金城・大杉・清水学区のエコ交通マップを作成しました!

 

  今回のエコ交通マップは、電車やバスの路線を示すだけでなく、まち歩きを通じて参加者のみなさんが見つけたまちの見どころを「ビューポイント」として紹介するなど、新たな要素を取り入れました。

エコマップ表紙.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  エコ交通マップに関する詳細は、下記のホームページをご覧ください。(名古屋市役所のホームページに移動します。)エコ交通マップは、各区役所等で配布しています。

http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/2-2-4-2-6-0-0-0-0-0.html

 

  みなさんも、エコ交通マップを持ってお出かけしませんか?

 

 

mm_banner2.jpg 

 

     みんなでトクする 日常の移動を考えるプロジェクト

   (モビリティ・マネジメント名古屋市公式サブサイト)

 

 

みんなでトクする 日常の移動を考えるプロジェクト

担当部署:名古屋市住宅都市局都市計画部交通企画課
〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
電話番号:052-972-2724 ファックス番号:052-972-4170
電子メールアドレス a2724@jutakutsohi.city.nagoya.lg.jp
Copyright© 2009 City of Nagoya. All rights reserved.